ホーム > E ミュージアム大阪 > 宮川香山 > 製作年代が確認できる作品 > 宮川香山 紫陽花文釉下彩銀冠花瓶

         紫陽花文釉下彩銀冠花瓶

高     さ   25.5㎝
     
製 作 年   明治30年頃(1986)
     
時代区分   釉下彩中期
     
収 納 箱   共箱 なし
     

所   蔵

 

山本博士 (宮川香山
  眞葛ミュージアム保管)

        


宮川香山 紫陽花文釉下彩銀冠花瓶 

 解説  関 和男

          
                        

  香山「藤文銀地釉下彩花瓶」を紹介します。この近似作品は、明治33年パリ万国博覧会(以下パリ万博という)に出品されている。

 本作品の藤文は、器面を銀釉地を施し、藤枝葉は緑色釉下彩である。盛期香山釉下彩の特徴は釉下彩絵具の緑色の使用である。それでもって和文様を描いている。銀地は、白い磁器がもつ金属質感を消し、藤文を銀屏風に引き立てる。藤文が一枝風、その色調を抑えて描かれていることにより清楚な気品を様式美として醸し出している。本作品の製作年代考証は、次の資料による。

 

  ① 銀釉地は、明治27年に長男半山と共に完成したと窯業協会雑誌第19号に記載されている。

  ② 本作品器銘は宮川本家所蔵明治32年共箱箱書作品と銘が同じタイプである。

    なお、本作品器銘は資料2作品器銘より、少し角ぽくなっている。その違いは新刊書で解説しています。

  ③ 資料中1作品は、明治33年(1900)パリ万博に長男半山名で出品している。

  ④ 本作品器銘の使用期間を明治31年〜同36年頃と筆者は考察する。(新刊書で解説)

 前述したことにより、本作品及び同じ器銘作品は釉下彩完成期スタイルである。本作品は、パリ万博前後に製作されていることが確実である。パリ万博当時、日本陶磁器はコペンハーゲン(注1)を先頭とするアール・ヌーボーに遅れを取った解説され、それが通説化している。しかし、パリ万博以降も、香山は、基本的スタイル変えずに釉下彩作品を製作している。後年、本作品タイプも製作されている。香山の製作基準はたえまない技術開発と和風美の追求である。コペンハーゲンとの比較はそれほど重要な作業でない。

 なお、半山名義で多くの博覧会、展覧会に出品している。しかし、半山個人作品でなく、眞葛窯の一員としての出品と考察している。

 本作品はパリ万博前後に製作された。完成期の釉下彩作品である。釉下彩・釉薬技術でもって藤文という典型的伝統文様を磁器文様として昇華している。本作品は一目でマクズスタイルとわかる、明治釉下彩の美を表現した逸品である。

(注1) コペンハーゲンとはデンマークのロイヤルコペンハーゲンという陶磁器メーカー

                       
   
                 
                 
ログイン