ホーム > E ミュージアム大阪 > 宮川香山 > 宮川香山 名品 > 宮川香山 龍波文釉下彩瓶


                   龍波文釉下彩瓶

高     さ   49.5㎝
     
製 作 年   明治36年頃~明治38年頃
     
時代区分   釉下彩後期
     
収 納 箱   共箱 なし
     

所   蔵

 

アメリカ・コレクション

 

                                      
      

宮川香山 龍波文釉下彩花瓶 

 解説  関 和男

          
                        

 

本作品の飛龍波頭文様は斬新で垢ぬけている。文様が異なるが、同じく和文様を使っている東京オリンピックエンブレム(市松文様)よちも斬新である。

 本作品の製作年は明治36年前後作品である。その根拠は明治37年セントルイス万博出品作品である。明治36年の国内美術展にも同タイプを出品している。本作品は、上セントルイス万博出品作品とほぼ器銘が同一字形である。この器銘の最終字形は資料1作品器銘である。本作品器銘は過渡的な字形であり、その使用年は短く明治36年頃~同38年頃までと考察している。(「宮川香山釉下彩」参照)
 本作品の波頭文は典型的和文様の香山版である。その波頭文はダイナミックに、抽象的に再様式化されている。そこに日本的な枠と空間様式美をも感じさせる。その当時、アールヌヴォー等時代の流れの中で、陶磁器の文様・器形も変化を求められている。本作品も香山風にその変化を表現した作品であったと思われる。
 本作品の龍文は釉下彩紅色である。その絵具は明治初期に開発されており、なんら見新しさはない。その龍を線描するだけで色を押さえ、波を強く表現している。波文を染付で強く表現することにより文様に落着きをもたらしている。香山釉下彩で見られるバター臭さがあまりない。
 他方、香山は旧来の日本人が好んで中國風文様も盛んに製作している。(資料1作品参照)香山にとって和文様がベースであり、それを市場に合わし、使い分けていると思われる。
 終生、香山は新しい技術・技巧を求めた。本作品は、釉下彩という明治の技術でもって、旧来の和文様を新たに演出している。それは欧米文化と融合した日本の美であり、明治に生みだした香山の作品でもある。香山が、成熟した後期になって生みだすことができた優品である。ただ残念なことは、このような優品の多くは外国にある。


    
   
            100p_D_1_-300.jpg DSC_0042-300.jpg100p_D_1_銘-150.jpg    
               
               
               
               
               
               
               
               
               
               
               
               
               
      高   さ         
               
      製 作 年     明治38年~大正5年    
               
      時代区分    釉下彩後期    
               
      収 納 箱     なし     
               
      所 蔵 者     アメリカ・コレクション    
                                                                                     
                      
ログイン