ホーム > E ミュージアム大阪 > 宮川香山 > 宮川香山 名品 > 宮川香山 鳩に桜枝文釉下彩瑠璃瓢箪形瓶

          

        鳩に桜枝文釉下彩瑠璃瓢箪形瓶


高     さ   36.6㎝
     
製 作 年   明治21年頃~明治28年頃
     
時代区分   釉下彩初期
     
収 納 箱   共箱 なし
        

宮川香山 白鳩に桜花文釉下彩瑠璃瓢箪形瓶 

解説  関 和男
 

          
   本作品は、瑠璃釉の器面に釉下彩で桜花と白鳩を描いている。鳩を、釉下彩黒色絵具でその輪郭線で描き、桜の葉は釉下彩茶色で、桜花を釉下彩青紫ぽい色でぼかしている。この絵具の色は、黒・青・茶色は初期釉下彩絵具である。それは冷暗色系で色絵が持つ華を持ち合わせていない。釉下彩赤・黄色という明るい派手な色が開発できていない、明治前半の手法である。

 陶磁器を焼き上げる際に表面に釉掛けする。釉下彩はその釉掛け前に絵付をすることである。柿衛門の色絵は焼き上げてから色絵付をする。それに比べて、釉下彩は落着きがある。後述のとおり、釉下彩は明治の新しい色絵付技術である。香山は、その新技術の特性を生かし、白鳩を夜桜の中に浮き出している。静的で上品な和風趣向がただよう。

 本作品が釉下彩初期作品と判示しうるのは、器銘による。本作品の器銘は釉がかぶって 見づらいが、「香山製」と確認できる。明治26年頃、アメリカ人スミス氏が新婚旅行で日本に来て、この器銘の香山作品を買っている。それゆえ、器銘「香山製」は明治26年以前に使われている。明治22年パリ万国博出品作品及び明治26年シカゴ万国博覧会出品作品には、本器銘が使われていない。

 作品の製作年代を設定する場合、製作年号が作品に記載されていない以上、製作年許容幅をもうける。前述した諸条件を組み合わせると、本作品の製作年は、明治21年から明治27年となる。

 明治3年、釉下彩実用化はドイツ人ワグネルによって指導された。それは、西洋技術の人工絵具である。明治陶磁の美術化、釉下彩の美術化が始まったのは明治20年頃である。結論だけで言えば、実用化から20年ほど後、香山は自己の技術として、本作品=美術品を作り出した。

 一見すれば、瑠璃の効果に目を奪われる。しかし、瑠璃技法は江戸時代に完成していた。(資料1)それゆえ、瑠璃は評価の脇役である。明治陶磁史において本作品を評価する際のポイントは、釉下彩である。本作品は、初期釉下彩の色不足を逆手に取り、江戸の旧技法(瑠璃)と明治の新技法(釉下彩)を組合せ、それらを融合させた。明治が生んだ初期釉下彩美術作品である。本作品は瑠璃白抜きと釉下彩を使うことにより釉下彩の寒色系色彩を生かし切り、夜景桜花の風情を深みのあるタッチで浮び出している。本作品は初期釉下彩を越え、明治陶磁器の逸品である。

 

 
   
                                                              参考作品 伊万里 江戸時代
瑠璃白抜鷺文富士山形皿
横23.6㎝
目跡なし  裏銘款なし
製作年 1650〜60年
11p_瑠璃白抜鷺紋富士山型皿.jpg                                 

 

ログイン