ホーム > E ミュージアム大阪 > 宮川香山 > 宮川香山 中期作品 > 宮川香山 百合文釉下彩花瓶


                   百合文釉下彩花瓶

高     さ   15.5㎝
     
製 作 年   明治29年頃~明治34年頃
     
時代区分   釉下彩中期
     
収 納 箱   共箱 なし
     
所 蔵 者

 

山本博士(宮川香山 
  眞葛ミュージアム保管)

                                            
        

宮川香山 百合文釉下彩花瓶 

 解説  関 和男

          
                        

  

 本作品は、百合の器形の花瓶に百合の花を釉下彩で描いている。それは香山完成期の素晴らしさと技術上の限度を示した作品である。本作品の製作年は、その器銘から考察すれば明治33年パリ万国博覧会頃までの作品で、同万博以降の製作ではない。(器銘による年代考察は「宮川香山釉下彩」に記述)明治33年6月の窯業協会雑誌で、明治33年日本美術協会美術展出品の香山百合形一輪立花瓶について、「其百合形一輪立花瓶の如きは百合花の蕾狀なる花瓶の面に更に百合の花枝を描げるものにして聊か抵觸の嫌ひなきに非ざるもボカシ色の適用に至りては誠に其所を得たりと思はる」とある。
 本作品器銘からの製作年代判定と、右雑誌の記述とを合わせて見ると、本作品は記事作品と同一、又は近似作品と考察できる。本作品器形は百合形フォルムである。そこに大柄な百合花を釉下彩緑色のぼかしをバックにして描いている。おしべは黄色釉下彩を使っている。その黄色はその当時に開発されたばかりの絵具である。本作品は文様と器形が一体化した作品である。香山完成期の技術・技巧を遺憾なく発輝している。
しかし、百合の花色は釉下彩紫色に近い色で赤色でない。明治32年、加藤友太郎は釉下彩赤色作品を発表した。その色を「陶壽紅」と命名し、その発色技術を他に教えなかった。香山に限らず、明治陶芸家は釉下彩赤色を紫色・紅色で代用している。
 現代、百合は生け花として好まれ、百合文様もよく使われている。しかし百合文は伝統的な純和文様でない。元来、百合は西洋で好まれていた。
明治時代、百合の球根は重要輸出品であった。明治後半、逆輸入の形で百合の花が鑑賞として流行したという。いち早く、香山は欧米好みを文様に取り入れていた。その後も、百合文を好んで使っている。(資料1作品)なお、この作品は製作年は明治33年パリ万国博覧会以後の明治後半の作品である。香山の文様は百合文に限らず、後期になっても基本的には変わらない。
本作品は蕾の中に花を咲かせ、緑色のぼかしを用いて、やわらかな季節を感じさせる。香山らしい高い技術を示す作行で、文様(百合)から技術(釉下彩)まで、明治を表現した優品である。


    
   
           

 29p_表6_3-300.jpg

     
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
      資 料 1      29p_表6_3銘.jpg    
               
      高   さ     22.5㎝    
               
      製 作 年     明治34年頃~同43年頃    
               
      時代区分    釉下彩後期    
               
      収 納 箱     共箱  なし    
               
      所 蔵 者   

 山本博士 (宮川香山 
     眞葛ミュージアム保管)

   
               
                                                                                                                               
ログイン