小方華圃(円山四条派篁圃門下) ―京都画壇―

作品をクリックしてください。大きな画像で見れます。

 

明治13年1月10日生(一説に明治9年)―大正14年(1925)亡

名 貞子 父 小方義正 出生地 大阪府三島郡 
居所 大正5年頃大阪市東区 晩年は吹田 
別号 子香・万象堂  師事 高谷篁圃・竹内栖鳳  活動 大阪

京都四条・円山派であることから美人だけでなく、草花等季節図もよくこなした。
この画家の美人画は同門の松園より大人の雰囲気がある。成園と同時代に活躍するが、成園含めた「4人会」メンバーとの交流は見られないという。

 大正3年第8回文展入選
 大正9年第2回帝展入選ほか多く入選

 

 掛軸   
     
志らべのあと    
P7230041-100.jpg    
     
     
     
     
     
     
     
     
     

 色紙

     
夏の日の少女 金魚  
夏の日の少女-100.jpg 金魚-100.jpg              
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

 

 屏風  
     
朝顔    
DSC_2568-100.jpg    
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
ログイン