野口小蘋

作品をクリックしてください。大きな画像で見れます。

 

弘化4年(1847)生 ~ 大正6年(1917年)亡
医師松邨春岱(まつむらしゅんたい)の長女。名は親子、字を清婉。
野口正章と結婚   出生地 大阪難波生    別号 玉山 南画家   主な活動地 東京

四条派の石垣東山に入門した後、更に、南画家日根対山に学ぶ。小蘋は日本画に対する明治後半の復興運動に際し、注目された。数々の博覧会や共進会で入賞し、日本文人画を代表する女性画家と評されるようになる。
明治南画家として明治37年(1904)に女性初の帝室技芸員を任命された。男女を問わず、明治~昭和に活躍した大阪出身、又は大阪で活動した画家の中で、最も高い社会的地位に得た。小蘋は20才まで玉山と号していた。その頃は関西を中心に活動の場としていた。
本書でとりあげた小蘋の代表作を示すのでなく、他の画家と比較すべく美人画を掲載した。しかし、その当時から小蘋の美人画は評価が高かった。

1893年、シカゴ万国博覧会褒状。1892年と95年、第三回・第四回内国勧業博覧会で共に妙技2等賞 、日本美術協会でも特別賞や金牌などを受賞した。その他多数受賞

 

 掛軸   
     
唐美人図 海辺風景図  
050-150.jpg P39-(0)-150.jpg  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
ログイン