木谷千種(蕉園門下ほか)

作品をクリックしてください。大きな画像で見れます。

 

明治28(1895)年生~昭和22(1947)年没 

本名 英。 父 吉岡政二郎。 

大正9年木谷蓬吟と結婚。昭和5年大阪市西成区から東大阪市に転居した後、昭和19年大阪府羽曳野市に転居。

 シアトルで洋画、大阪で深田直城に師事の後、成園に触発され、美人画を描く道に入った。そのため大正2年に頃東京の蕉園塾に入門。大正4年、大阪に戻ると北野恒富等に指導を受ける。その後、大正8年、菊池契月に師事。大正末から昭和にかけ、成園に代って大阪の女性画家をリードし続けた。成園の次ぐ近代大阪女性画家を代表する。

大正9年八千草会を創立、多くの後輩女性画家を育てる。千草の塾は昭和時代の大阪で活発に活動した。大正時代に活発であった成園塾の塾生作品の画風と八千草会塾生の作品のそれを比べれば、大正から昭和への時代的な変移が明らかに伺える。成園同様、千種もグラフィック活動に積極的に参加した。

 

大正4年大阪美術展覧会入選 ・ 大正4年第9回文展入選 ・ 大正9年第2回文展入選 ・ 帝展等入選 ・ 他多数入選

 屏風  
   
藤娘  
005-100.jpg  

 

 掛軸

     
舞妓 牡丹鑑賞図  
 029-150.jpg 53-150.jpg   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

 雑誌(口絵・挿絵・ポスター等)

     
 袈裟午前 若き日の玉瀾 侠妓幾松の初詣
 袈裟午前-100.jpg 若き日の玉瀾-100.jpg  侠妓幾松の初詣-101.jpg
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

ハガキ

     
針供養 追羽子  
針供養-100.jpg  追羽子-100.jpg  
     
をんごく  おさん  
をんごく-101.jpg   おさん-101.jpg                       
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
ログイン