下彩作

清風与平コーナー.jpg

本書で言う釉下彩とは、明治時代に新たに導入された、陶磁器を焼きあげる前に色絵具で文様を描がく色彩技法である。前時代、江戸時代の色絵と異なる色彩技術である。結果的には江戸時代に完成した色絵と同じ色彩効果を求めた。なお、色絵と釉下彩とを含めて有色文様を説明する際は、それをいわゆる色絵という。再述するが、明治の新色彩技法を「釉下彩」とし、江戸の色彩技法を「色絵」と限定する。 明治の初め、釉下彩はドイツ人ワグネルの指導で普及した。当初は、従来の色絵の代用品として使われた。

明治20年頃から、ふたたびワグネルがリードして、釉下彩は新たな表現手法とし新展開した。それ以降、陶磁器の美術工芸化時代に合わし、その時代の陶芸家宮川香山・井上良斎・加藤友太郎等が盛んに使った。

 清風与平も、その新しい技術(釉下彩)を作品に使うようになったのは、明治20年頃からと考察できる。同28年、釉下彩技法で第4回内国博のトップ賞を得た。同38年、近代陶磁史に輝く釉下彩の名品を世に発表した。与平美を表現する釉下彩作品群は与平後期時代に作られた。清風与平の作品スタイルが完成した後の技法である。明治の陶磁器にとって釉下彩は、新たな時代―陶磁器の美術工芸化―の幕が開かれたことの象徴である。そこでは、明治の陶磁美を具現化している。与平の釉下彩作品は、清風与平の美意識でもって和様表現した。しかし、与平は釉下彩を染付・色絵の補助的色彩技法と考えていたのか、釉下彩に対して一般的な技法名をつけていないと思われる。

月夜に梅花文釉下彩染付酒盃 牡丹・木蓮浮文釉下彩色絵壺 菊花柴垣浮文釉下彩染付壺
松鶴文釉下彩染付瓶 鷺白抜き浮文釉下彩色絵染付壺 鷺白抜き浮文釉下彩色絵染付壺
茄子浮文釉下彩染付瓶 牡丹白抜き浮文釉下彩染付瓶 カマキリ白抜き浮文釉下彩瓶
みみずく白抜き浮文釉下彩瓶 牡丹浮文釉下彩色絵染付鉢 牡丹文釉下彩色絵鉢
なでしこ浮文釉下彩染付盃洗 富士山白抜き浮文釉下彩染付水指 富士山白抜き浮文釉下彩染付水指
牡丹・梅花紋
釉下彩色絵急須
菊文釉下彩染付急須 菊文釉下彩染付碗
柘榴文釉下彩染付瓶 牡丹文釉下彩染付瓶 草花文釉下染付湯冷し
ログイン