青磁作品

清風与平コーナー.jpg

清風与平にとって、青磁は白磁とならんで終生の2本柱であり、帝国技芸員任命前から常に高い評価を受けていた。現在でも、青磁作品は多く伝世している。その多くは什器である。青磁は、近世伊万里焼が中国の砧青磁を理想であるとして製作し、広く普及している。清風与平は、近世(江戸)にない飛青磁等多面的に作りだした。与平青磁作品の未発表伝世は新たに確認される機会があろう。しかし、本図版は清風与平と近代とのつながりをテーマにしていることから、本欄紹介も与平青磁の魅力を伝えるレベルに留めている。

単色釉作品明治時代、欧米では、単色釉が好まれ、窯変釉等へと潮流は続いた。前欄の青磁もその一つである。清風与平の作陶においても、開業独立当初から、単色釉タイプの作品が作られていた。資料の海外記事のとおり、欧米人がそれらを求めて清風与平の五条坂の店を訪れている。本欄作品の中でも明治33年パリ万国博覧会に出品した「天目釉雲龍班花瓶」は作品区分を超えた与平代表作品である。歴史的に見れば、日本でも瀬戸天目が作られているが、明治のそれは欧米指向という新しい流れの中に生まれた。

 本欄の作品群は、明治陶磁器史の中で重要な役割を占めていた。その当時、このタイプの作品の第一人者は竹本隼人であった。清風与平も積極的に製作しており、現在でも新しいタイプの作品が見つかる。しかし、現代の視点からすれば、本欄作品タイプは欧米の中国趣味を受け入れ、その要求に応じたにしても、そこに日本の美を表現されたとは言い難い。その中であっても、清風与平のそれら作品には、技術の到達表現だけでない、自己表現美を生み出だせる。

青磁瓶かけ 唐草浮文青磁壺 鯉白土浮文青磁鉢
   
青磁香炉    
ログイン